teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


(無題)

 投稿者:佐藤  投稿日:2006年 1月10日(火)03時42分1秒
  お忙しいのに本当にありがとうございました。自分で調べていてもわからなかったので助かりました。参考にさせていただきたいと思います。  
 

ご投稿、大変ありがとうございました

 投稿者:岡田健嗣メール  投稿日:2005年12月31日(土)10時42分18秒
  佐藤様
 ご投稿、大変ありがとうございました。

 お尋ねの漢点字使用者の数ですが、数百人と言われています。
 従って視覚障害者の点字使用者が2万人として、その2、3%となりましょうか。
 私どもでは、学校や図書館など公的機関が、視覚障害者の識字に本腰を入れていただいていない現状の反映と考えております。
 以上、お答えとさせていただきます。
 

ぜひ教えていただきたいです。

 投稿者:佐藤  投稿日:2005年12月26日(月)15時00分32秒
  私は漢点字についていろいろと調べているのですが、どうしてもわからないことがあります。
現在漢点字を使用している視覚障害者というのはどれほどいるのでしょうか。そして漢点字の使用率というのはあがっているのでしょうか。
ぜひ教えていただきたいです。
 

返事ありがとうございます。

 投稿者:  投稿日:2005年 9月15日(木)20時24分51秒
  忙しい中お返事ありがとうございます。勉強の参考にさせてもらいます。  

(無題)

 投稿者:蛙の独り言メール  投稿日:2005年 9月12日(月)12時47分38秒
  岡田健嗣様
始めまして、3回目の漢点字訳講座のチラシを今頃発見したのですが、とき遅し。
WINBESの6点入力を使っていますが、漢点字8点は、初めてです。興味があります。
機会がありましたら参加したいのですが。情報をお待ちします。
 

渉様へのお答え

 投稿者:岡田健嗣メール  投稿日:2005年 9月10日(土)17時43分12秒
  渉 様
 横浜漢点字羽化の会の岡田です。
 ご返事が大変遅くなりまして、誠に失礼致しました。

 点字は、縦三つ、横二列の六つの点でできています。
 六つの点だけで文字を表そうというわけです。
 これだけ見ても、大変無理があるとお思いでしょう。
 そのとおりで、いろいろな文字をこの六つの点だけで表すのは、大変難しいのです。
 もう一つ、指先に触れて読むのが点字ですが、この点の数を増やせば、もっといろいろな文字を表すのによいのではないか、そう考える人もいました。
 しかし、指で触れて読むというのは、普通の文字を目で見るようなわけにはゆかないのです。
 そこで点字は、今使われている六つの点で表すことに落ち着きました。
 同じ点字の符号を、何とおりかに使い分けるために、一つの工夫をしています。
 それは、「ここから先は数字です」、「ここから先はアルファベットです」というように、文字の前に決まった符号を付ける約束にすることで、読み分けることにしているのです。
 漢字の点字の〈漢点字〉も、この考え方を元に、八つの点を使うことで実現しました。
 簡単ですが、お答えとさせていただきます。
 

教えてもらえれば幸いです

 投稿者:  投稿日:2005年 9月 4日(日)20時24分27秒
  僕はいま学校の勉強で点字のことについて勉強しています。質問なんですけど点字の点がまったく同じ点字がありますが、目の不自由な人はそれを見分けることができるんでしょうか?  

興味があります。

 投稿者:中野  投稿日:2005年 6月10日(金)21時21分30秒
  始めまして。私は 横浜に住んでおります。中野と申します。点訳にとても興味がありますが 仕事をしているため 講習会等参加できません。通信で学び 通信で点訳のお手伝いは 出来ないでしょうか? 点訳の経験は まったくありません。講習も受けたことがありません。何かお役に 立ちたいのですが 方法は ありますか?  

ありがとうございます。

 投稿者:岸田康弘メール  投稿日:2005年 4月24日(日)16時25分10秒
  丁寧な回答ありがとうございます。
又何か質問があった場合は、よろしくお願いいたします、
 

岸田様へのお答え

 投稿者:岡田健嗣メール  投稿日:2005年 4月23日(土)20時34分5秒
  岸田 康弘 様
 羽化の会の岡田です。

 本会ホームページにご投稿いただきまして、誠にありがとうございました。
 また、ご返事が送れましたこと、深くお詫び申し上げます。
 工業デザインの角度から、身体障害者が使用し易い製品にアプローチしていただけることは、大変意義あることと存じます。いわゆるユニバーサル・デザインが喧伝されてはおりますが、現実にはどのようなものを言っているのか、判然しないのが現状と見えます。是非ご研究いただきたくお願い申し上げます。

 本会は、漢点字という点字の漢字を使った点訳書を製作する点訳ボランティア・グループです。
 従って、使用している機器は、通常のパソコンと、点字プリンターと、本会の会員の開発したEIBRKWという漢点字訳ソフトウェアです。
 点字プリンターは、幾つかの企業から市販されておりますし、パソコンは、通常のものです。
 ソフトウェアは、私どもにご照会いただければ、詳細をご案内致します。

 また、視覚障害者向けの、パソコンを使用した、漢和辞典のようなものも、独自に作っております。
 EIBRDICWと申します。

 お尋ねには不十分かとは存じますが、本会の活動からお答えできるのは、この辺りかと存じます。
 詳細については別様にご案内申し上げます。
 

レンタル掲示板
/3