teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


(無題)

 投稿者:ナイシトール  投稿日:2011年 5月 7日(土)16時26分28秒
  http://chofu-terracehouse.com/ 静岡市と専門学校
http://chintai-keioline.com/ 静岡市と定額給付金
http://uguisudani-chintai.com/ 静岡市と裁判員制度
http://saho-kankonsosai.com/ 静岡市とフリーエージェント
http://newapart-koganecho.com/ 静岡市とたばこ
http://fukuishi-arubaito.com/ 浜松市のアルバイト巡り
http://sakaishi-simaitoshi.com/ 浜松市の料理巡り
http://kobeshi-saibaninseido.com/ 浜松市の賃貸巡り
http://chibashi-chintai.com/ 浜松市の観光名所巡り
http://nishinippari-newbunjohome.com/ 浜松市の名物巡り
 
 

新刊紹介

 投稿者:「文革」小説  投稿日:2009年10月 1日(木)00時15分3秒
  『地球宣言ー大草原の偉大なる寓話』

著者: リグデン
出版社: 教育史料出版会
サイズ: 単行本
ページ数: 508p
発行年月: 2009年09月
ISBN:9784876525010
本体価格 3,500円 (税込 3,675 円) 送料無料

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

「文革」は少数民族社会の従来の調和的な文化を根底から覆し、各民族間に従来からあった一般的な対立、生活習慣の違い、文化の違いを拡大させ、人民内部の対立を全面的な階級対立に仕上げて政治闘争の肉饅頭の中味に利用することで、癒すことのできない心の傷を残した。「文革」発生後、モンゴル人は「革命」という言葉を聞くだけで心臓が震え、略奪、虐殺、拷問が蘇る。これこそ「文革」のもっとも恐ろしくて深刻な毒性である。中国・内モンゴル「文化大革命」の真実を描く。

【目次】(「BOOK」データベースより)

世界四大奇談その四はここに始まる/「十三!」、人面鬼、仏祖の三使者/銀の鳥がひょろ長の家に喜びを報せる/幸福に酔うゴンボ家/太古に印された天界の平鍋と済公の化身/ハネ萱ゴンボと彼のキリギリスのバダマー/ハネ萱ゴンボがデデおばさんに歯ぎしりする/ハネ萱ゴンボは社会主義を守るため革命の征途に上る/ハネ萱ゴンボは世界を照らすため想像の翼を広げる/彼は英明な指導者の聡明な文書係となる〔ほか〕

【翻訳者情報】(「BOOK」データベースより)

佐治俊彦(サジトシヒコ)
1945年鳥取県生まれ。東京教育大学大学院文学研究科中国古典学博士課程修了。現在、和光大学表現学部総合文化学科教授

ボルジギン,ブレンサイン(Borjigin,Burensain)
布仁賽音。1963年中国・内モンゴル自治区生まれ。早稲田大学大学院文学研究科史学(東洋史)専攻博士課程修了。現在、滋賀県立大学人間文化学部地域文化学科准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
 

歴史論争

 投稿者:韓中論争  投稿日:2009年 9月 8日(火)11時43分55秒
  韓国KBS「満州はわが領土だった」、中国紙応戦「でっちあげ」
9月8日11時26分配信 サーチナ

 中国共産党系の環球時報は7日、「韓国テレビ局と中国が、満州史で論争」と題する記事を発表した。実質的には、韓国KBSが番組で「満州はもともと韓民族の土地。清朝を樹立した愛新覚羅氏も、祖先は韓国人」などと主張したことに対する反論だ。

 環球時報が問題視したのは、KBSの番組『満州大探査』(中国語名)。8月29日と9月5日に放送した。環球時報は「韓国の国家テレビ局KBSがゴールデンタイムに放送」、「もともと韓国人の土地だった満州を取り戻せとの世論のもとで、韓国の主要媒体が改めて、中国との歴史論争の行動を起こした」と紹介した。

 29日放送の番組では、「遼河一帯の第五の文明に迫る」として、「満州遼河地域には紀元前6000年ごろ、黄河文明より1000年も早く文明の花が開いた」、「紀元前3500年前の紅山文化では、初歩的な国家の形態も存在した」、「遼河文明と黄河文明は明らかに異なる。遼河文明の出土品には、韓国で発掘されたものとそっくりの耳飾りなどがある」と主張した。

 9月5日に放送された同番組第2部では、「金太祖の完顔阿骨打(ワンヤン・アクダ)の祖先は韓国人」、「阿骨打は新羅人の子孫で、本来の姓は『金』」、「金王朝を樹立したのは女真族。女真族はその後、愛新覚羅氏のもとに、中国最後の王朝である清を樹立した。『愛新』は『金』、『覚羅』は『族』で、愛新覚羅は『金一族』の意」、「満州の歴史は中国の歴史ではない。古朝鲜、扶余、高句麗、渤海、金王朝、清朝などと連綿と続く、韓民族と関係が深い地域だ」などと主張した。

 同番組について、遼寧社会科学院辺境研究所の呂超所長は「韓国の一部の人間が、勝手に歴史をでっちあげている。現在までの考古学の結果にもとづけば遼河は長江文明と黄河文明を継承した、中国文明の重要な源のひとつ」と主張。民族の問題では、「過去には民族の融合が発生した。朝鮮半島南部にもともと住んでいた人々と、朝鮮半島北部の人々、中国の北方少数民族が溶け合った」と述べ、KBSの「祖先は全部韓国人説」を否定した。

**********

◆解説◆
 東アジアの古い時代の歴史研究は、史料の多くを中国語文献に頼ることになる。「完顔阿骨打」、「女真」など、多くの非漢族の人名・部族名が漢字表記されるのは、そのため。

 金は1115年から中国の北半分を支配した王朝。女真(ジェシェン)族が樹立した。1234年に、国としてはモンゴル族に滅ぼされた。女真族はツングース系民族で、長白山を民族発祥の聖地とする。現在の中国東北地方に残っていた女真族は元朝に服属したが、元滅亡(1368年)後は明(1368-1644年)に直接・間接に従うようになった。17世紀には満洲(マンジュ)と改名。つまり満洲はもともと、地名ではなく部族名だった。明朝末期の混乱に乗じ、万里の長城を乗り越え、最終的に中国全国を支配する清朝を樹立した。愛新覚羅(アイシン・ギョロ)も満州語の漢字表記。

 中国では、少数民族が中国語名を使用する場合、原語の音や意味により姓を漢字表記することが多い。愛新覚羅姓の満州族の場合、「金」姓を使用することが多い。モンゴル族のボルチギン氏(チンギス・ハンを出した部族)の場合には、語頭部分の音により「包(バオ)」姓を名乗ることが一般的。

 韓民族(朝鮮民族)の場合、古い記録によると固有語の氏名を使っていたことが分かるが、中国文化の影響を受け、みずから改名し、中国語氏名が定着した。

 なお、韓国では「金太祖の先祖(完顔阿骨打)は7世紀に朝鮮を統一した新羅王族出身の金函普(キム・ハムボ)という記録がある」ことを強調する研究者がいる。完顔阿骨打の出身部族の完顔部(ワンヤン部)は一般的に、現在の黒龍江省一帯を拠点にしていたとされる。(編集担当:如月隼人)
 

インドの発展は「実」

 投稿者:中国の発展は「虚」  投稿日:2009年 9月 7日(月)13時02分13秒
  中国の発展は「空虚」、インドの発展は「着実で前途有望」?―インド紙
9月7日9時47分配信 Record China


拡大写真
2日、インド紙は、表面上は発展しているが実態は空虚な中国に比べ、インドは身の丈にあった着実な発展をしていると評価した。写真は北京の街角の不動産広告。
2009年9月3日、新華網によると、インド紙ヒンドスタン・タイムズは2日、「マサチューセッツ工科大学教授:インドのナノは中国の見掛け倒しに比べて優れている」と題した記事を掲載し、表面上は発展しているが実態は空虚な中国に比べ、インドは超低価格車「ナノ」に代表されるように身の丈にあった着実な発展をしていると評価した。

記事によると、同大政治経済学の中国人教授・黄亜生(ホアン・ヤーション)氏は、中国政府が実施している4兆元(約54兆円)の経済刺激策について「真に価値のある施策は非常に少なく、逆に改革を遅らせている」と話す。その理由として、投入された資金が民間企業や中小企業に回らず、大企業や株式市場、不動産市場に流入している現状を指摘した上で、「国有企業は進歩する反面、民間企業は遅れる一方」「バブルがまだはじけきらない上に新たなバブルがまた出来つつある」などの見方を示す。

【その他の写真】

さらに「中国のGDP成長率は第1四半期が6.1%、第2四半期が7.9%であるにもかかわらず、1200万人もの失業者が存在し、外国からの直接投資は10か月連続で減少している。一方では鉄鋼業界などで生産能力が過剰になっており、政府は抑制に躍起になっている」と語り、中国の発展が「虚構」の上に成り立っていると主張する。

一方、インドについて、黄教授は「民間企業の発展が着実に進んでおり、中国よりも前途有望」とし、「インドの個人所得の伸びはかなりのものになっている。中産階級が低価格車のナノを購入するなど、収入に相応しい購買行動をしている」と評価する。

黄教授は最後に「中国ではある日突然大金持ちが出現するが、彼らがどこからどうやってその金を稼いできたのかは誰も知らない」と空虚な発展を批判している。(翻訳・編集/HA)
 

汚職官僚になりたい

 投稿者:汚職官僚になりたい  投稿日:2009年 9月 4日(金)12時18分53秒
  ピカピカの1年生「大人になったら汚職官僚になりたい!」―中国
9月4日11時20分配信 サーチナ

 「大人になったら、汚職官僚になりたいです!」――。小学1年生の女の子がまじめな顔、はっきしりとした口調で記者の質問に答えた。取材の様子はインターネットの動画で流され、多くの中国人が驚いた。

**********

 中国の新学年は秋に始まる。多くの地域で9月1日が登校初日だ。広東省広州市の南方都市報は同日、“ピカピカの1年生”を紹介しようと、「広州の小学1年生の理想」と題して、インターネットの動画番組を企画。市内の小学校で取材した。

 「大きくなったら、何をしたいですか?」

 「高級官僚になりたいです」

 ここまでの受け答えならば、6歳の子にしてはずいぶん“ませている”とはいえ、さほど人目を引くものではない。視聴者を仰天させたのは、次の部分だった。

 「どんな高級官僚になりたいですか?」

 「ええと…。汚職官僚です。物をいっぱい持てますから」――。

**********

 同動画には、翌2日午前11時までに1万4200件のアクセスがあった。意見のアンケートでは、約10%が「子供だから、よく分からないのだろう」と答えたが、55%は「社会の現実を反映した」との見方を示した。

 寄せられた意見では、「汚職官僚の意味も分かっていないだろう」との理由で、大騒ぎする必要はないとの見方もある。「親が『こんなんだったら、汚職官僚にでもなった方がよい。何でも手に入るから』などと言ったのを覚えていただけ」などとした上で、家庭教育には気をつけた方がよいとの主張もあった。

 一方では、「子供の声というものは、庶民の心を反映する。実際に皆が、汚職官僚になりたいと思っていることが原因」との主張も寄せられた。

 取材した撮影記者によると、動画では紹介されなかったが、女の子は「汚職官僚のことはお母さんから聞いた」と説明した。

 なお、その他の子の答えは「カメラマンになりたい」、「先生になりたい」、「パイロット」、「消防士。人を助けて火事を消す仕事だから」など、いずれも歳相応の子供らしいものだった。(編集担当:如月隼人)
 

その2

 投稿者:少数民族  投稿日:2009年 7月15日(水)21時22分46秒
  【コラム】中国の「新人海戦術」(下)

 チベット自治区では人口の絶対多数がチベット族だが、その比率は90年の95.5%から06年には92%へと低下した。内モンゴル自治区では、共産化前の47年時点でモンゴル族(109万人)、漢族(630万人)と人口格差は521万人だったが、00年にはモンゴル族(403万人)、漢族(1882万人)で格差は1479万人に拡大した。


 少数民族に子供の数の優遇を認めているにもかかわらず、漢族の比率が大きく拡大した原因は、外地からの漢族の移住だ。特に「西部大開発」戦略で、06年7月にチベット鉄道(青蔵鉄路)が開通したことが決定的な契機となった。新疆ウイグル自治区のウルムチでは90年代まで漢族は少数派だったが、09年には漢族が70%を占めるに至った。


 その上、中国は東北3省で韓国史の根源である高句麗史を自国の歴史として歪曲(わいきょく)する「東北工程」を進めると同時に、ウイグル、チベット地域でも彼らの歴史、文化を抹消する「西北工程、西南工程」を進めている。チベットの宗教指導者ダライ・ラマの影響力を低下させたり、新疆で唐代の辺境開拓史を強調しているのはその一環だ。


 中国の少数民族地域は国土の64%に達する。中国はこの地域に最初に人を送り込み、次に資金と技術でその地域の経済を掌握し、最後にはその土地の歴史と文化までをも否定し、「漢族の土地」へと変える戦略を密かに進めている。この現代版「人海戦術」と憲法上の「民族平等」との乖離(かいり)を中国の少数民族は不安な眼差しで見つめている。


池海範(チ・ヘボム)専門記者

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
 

少数民族

 投稿者:少数民族  投稿日:2009年 7月15日(水)21時21分34秒
  韓国「朝鮮日報」の【コラム】

中国の「新人海戦術」(上)

 中国の憲法は「各民族は平等だ」と定めている。中国は漢族と55の少数民族を「中華民族」と呼び、「民族平等」を強調している。まるで米国にいるさまざまな人種を「米国民族」と呼ぶかのようなこの単語は90年代に登場した。


 中国は少数民族に対し、多くの優遇策を講じるとしている。例えば、自治政府の代表に少数民族を据えたり、公務員採用や大学入試で点数加算制や入学枠制度を導入している。漢族の夫婦が産める子供の数は1人に制限されているが、少数民族は2人以上産める。そして、少数民族の言語と宗教も尊重するとしている。少なくとも表面的には少数民族が暮らしていく上で不便はない。


 しかし、事実はどうか。中国国内の55の少数民族のうち、中央政府が特に神経を使う五つの民族がいる。チベット、ウイグル、回、モンゴル、朝鮮の各民族だ。チベット族とウイグル族は独立志向の強さ、回族は外部イスラム勢力との連携可能性、モンゴル族と朝鮮族は国境の外に「母国」があるためだ。回族を除く4民族の地域で過去数十年にわたり見られる現象がある。それは漢族の人口比率が大きく増えたことだ。


 一時200万人を超えた中国の朝鮮族は150万人台に減少した。韓国への労働力輸出(40万人以上)と、中国国内の大都市への移住(20万人以上)で東北3省(遼寧、吉林、黒竜江)の朝鮮族人口はさらに減った。朝鮮族が去った場所は漢族が埋めた。吉林新聞によると、延辺朝鮮族自治州の朝鮮族比率は1949年の63%から00年には38%に落ち込んだ。こうして朝鮮族の土地は漢族の手に渡った。


 ところが、新疆ウイグル自治区とチベット自治区における人口構造の変化の原因は、朝鮮族(国外移住)とは異なる。今月5日に暴動が発生した新疆ウイグル自治区は、1950年代にはウイグル族など少数民族が人口の90%以上を占め、漢族は10%にすぎなかった。しかし、07年現在で漢族は40%に達した。


池海範(チ・ヘボム)専門記者
 

ウイグル暴動 漢族がウイグル族の商店を襲撃 混乱が拡大

 投稿者:モンゴル人もあぶない  投稿日:2009年 7月 8日(水)13時41分22秒
  ウイグル暴動 漢族がウイグル族の商店を襲撃 混乱が拡大
配信元:2009/07/07 21:27更新

世界で最も愚劣な民族居座り民族の居直り終わらない戦い死傷者数千人? ウイグル暴動はやはり中国の大…ウイグル人をよってたかって嬲り殺し by漢族支那警察がウイグル人を・・警官や政府当局なしで、思いっきりやらせてみよ…


 【ウルムチ=野口東秀】中国新疆(しんきょう)ウイグル自治区で発生した暴動を受け、区都ウルムチでは7日、ウイグル族住民の襲撃に怒った漢族住民数千人が街頭でデモ行進し、暴徒化した約200人がウイグル族の商店を襲撃した。両民族が街頭で投石し合い、警官隊が催涙ガスで暴動を鎮圧しようとしているが、双方の対立は収まらず混乱は拡大。自治区当局は同日、夜間の車での外出を禁止した。

関連記事
ウイグル族、数千人暴動 漢族に反感 …
ウイグル暴動「不当な扱いへの抗議」
記事本文の続き 漢族のデモ隊は鉄パイプや角材で武装し、「ウイグル族を倒せ」「数はわれわれの方が多い」などと叫んでいる。ウイグル族住民約200人も、家族が当局に拘束されたことに反発して抗議デモを行い、警官隊と小競り合いになった。

 暴動の死者は7日朝までに16人増え156人となり、負傷者は1080人に上った。

 一方、中国国営新華社通信によると、新疆ウイグル自治区カシュガルで6日夜、200人以上の住民が中国最大のモスク(イスラム礼拝所)「エイティガール寺院」に集まろうとしたところを警察が排除した。

 当局は、同自治区のカシュガル、イリ・カザフ自治州、アクスでも暴動を扇動し、組織しようとする動きがあるとしており、インターネットを遮断し、国際電話をかけられないようにするなど統制を強化。拘束されたウイグル族らは1434人に上っている。

 外務省の秦剛報道官は7日、北京で記者会見し、「(拘束は)法にのっとった正当な行為だ」と強調した。
 

お知らせ

 投稿者:転送  投稿日:2009年 6月29日(月)23時05分44秒
  「第18回モンゴル学術交流会」の案内
(モンゴル民族文化基金主催)

日時:2009年7月18日(土)13:00時~17:00時
会場:東京外国語大学本郷サテライト3階会議室
(住所:東京都文京区本郷2-14-10)
会場へのアクセス: http://www.tufs.ac.jp/info/map-and-contact.html


第一部 研究発表(13:00~14:00)(各発表者発表25分、質疑応答5分)

1)チー・ナブチ(専修大学大学院博士後期課程)
「モンゴルの姻族・姻戚関係に埋め込まれた冗談関係のその機能」

2)ナリンホア(明治学院大学大学院博士後期課程)
「内モンゴル草原の砂漠化と関連する法政策について」


第ニ部 モンゴル伝統文化の動向に関する報告(14:00~14:40)

1)富川力道(東京外国語大学外国語学部講師)
「ウランバータル市で開催された世界モンゴル系民族のブフ大会」

2)呉人徳司(東京外国語大学AA研准教授)
「ウランバータル市で開催された馬頭琴国際フェスティバルとシンポジウム」

休憩: 14:40~15:00時


特別講演 (15:00~16:30時):
大野旭 (静岡大学人文学部教授)
「内モンゴルの中国文化大革命―ジェノサイド研究の視点から」


司会:呉人徳司(東京外国語大学AA研准教授)


** 会場へのアクセス
最寄り駅等:
都営バス: 本郷二丁目停留所 徒歩1分
東京メトロ丸ノ内線: 本郷三丁目駅(M21) 1番出口下車徒歩3分
都営地下鉄大江戸線: 本郷三丁目駅(E08) 5番出口下車徒歩4分
都営地下鉄三田線: 水道橋駅(I11) A1出口下車徒歩6分
JR線: 御茶ノ水駅 お茶の水橋口下車徒歩7分
 

分断されたモンゴル世界

 投稿者:GERITO  投稿日:2009年 6月12日(金)21時38分14秒
  新書を5月初めに読んだ。その中のブレンサイン先生の書いた第一章を読んで感想を書いて見ました。間違ったところがあると思いますがここにメモとして残したいです。すごく感動しました。

    分断されたモンゴル世界     GERITO

1、 モンゴル世界の分断
モンゴル帝国の広域にわたる展開や離散は13世紀から20世紀を及ぶ長い歴史であった。清朝初期の17世紀前半から後半にかけてモンゴル地域の一部分が清朝へ服属、まだ、モンゴル高原の北部地域のブリヤートがロシアに併合されるなど実に多様な分断であった。まだ、清朝が支配下に入った内外モンゴル地域をさらに細分化され、横のつながりを切断される状況が200年以上もつづけた。
2、 モンゴルの独立運動
20世紀初期に辛亥革命が起き、中華民国が樹立する。外モンゴルが独立を宣言する(1921年)。フルンボイルでも独立を宣言する。この独立動きが内モンゴル全体に相次いであらわれることになる。満州国を作った日本人が東部モンゴル人の勢力を利用し、西部モンゴル人を支配し、新たなモンゴル国を作る動きもあった。西部モンゴルでは徳王が蒙古自治政府を作りモンゴルの統一を図った。日本敗戦によりモンゴルの独立運動が完全に消える。
3、 中国の中のモンゴル
現在中国領にはモンゴル人600万人いるが、内モンゴル自治区領にいるモンゴル人は400万人以上で、そのほかは新疆、東北三省、青海、河北などに生活している。中国も清朝の制度を利用しモンゴル人の細分化を図り、モンゴル人勢力を弱めるよう努めている。分断、分散居住させることは彼らの少数民族統治政治の特徴であり、内モンゴル自治区は共産党の少数民族政策の政治的な実験場になったのである。
4、 内モンゴル以外のモンゴル人の民族意識
内モンゴルに住んでいるモンゴル人は外のモンゴル人より一つの優越感を持っているのが確かである。でも、彼らには外に住んでいるモンゴル人らにある一種の自由をなくしつつある。外のモンゴル人は自分のアイデンティティを重視しながらも特有の枠内に自分の権利を守るために闘争を続けることができる。著者の言う「蚊帳の外におかれているからこそ享受できる「自治」をフルに活用できる。」しかし、内モンゴルにいるモンゴル人は一種の怖さによってその戦いが弱まっている。権利のために戦っても民族主義者と断罪され、蚊帳の中に身を隠して腐って行く。久しぶりに見た鋭い分析と勇気ある発言に敬意を表す。
 

レンタル掲示板
/9