teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


移転しました

 投稿者:toyan  投稿日:2007年 7月20日(金)01時20分9秒
  突然ですが、HUNたまは移転しました。
新住所は
http://www.geocities.co.jp/NatureLand/8971/
です。
古いホームページのトップにも移転先をリンクしておきましたが、掲示板から来られる方もあるかも知れないと思い書き置きました。まあ杞憂かな(w
引っ越しの理由は家賃で、旧住所はホームページの規定の容量までは無料でとてもよいのですが、それを超えると超過料金が発生し、それが結構な額になってしまったので割安な新住所へ引っ越したということでした。

それまでのページのまま引っ越したので、中身は変わりません。これまで同様よろしくお願いします。せっかくだから、がらっと変身した方がよかったかな。

掲示板も新しいのを設置しました。そちらもよろしくお願いします。
 
 

梅雨はよいよい

 投稿者:toyan  投稿日:2007年 7月12日(木)00時22分30秒
  根っこさま、どうも。
河原ナデシコは、野生種そのままなので繁殖力が強いようです。
HUN家でもアジサイの枝をいただいて挿し木。2本ともうまく着きました。
その上、さらに数本いただき、うれしい悲鳴(えらいこっちゃ。もらい手を探さなくては...Ww)です。

にょんさま、初めまして。
コクワことサルナシは、2週間ほどまえ、ホームセンターコーナンで実が付いた苗を売っていました。ご近所のホムセンに尋ねてみられたら、置いている所があるかも知れません。HUN庭の一本も、そうやって買ったものです。
野生のを探すのでしたら、すこし田舎(山梨、長野、東北、北関東など)の林道沿いなどで見つかるかも知れません。ドリカムの吉田美和さんもこどものころ札幌の近郊で採ってたようですから、意外にあるのではないかしら。うちのも2㌢ほどになっていますから、十分見つかる大きさだと思います。

苗の植え付けは、春と梅雨時がシーズン。経験では、梅雨どきの方がうまくいくようです。コクワも、だから、この季節しか苗が出ないのではないでしょうか。推測ですが。
梅雨はよい季節だと思うようになりました。
 

探しているんです

 投稿者:にょん  投稿日:2007年 7月11日(水)12時03分33秒
  初めて読ませていただきました。私は埼玉県に住む主婦ですが、「こくわの実」を入手したいのです。なにか手立てをご存じないですか?? ぶしつけで失礼致します・・・  

アシダカグモ

 投稿者:根っこ  投稿日:2007年 7月11日(水)09時19分20秒
  南の暖かい地方に住むクモと思っていました。関東にも普通にいるのですね。手のひらサイズとは、大きいですね!家の中で出合ったら、飛び上がってしまいそうです。
なんとかクモを助けようとされたこと、とてもよくわかりました…。

カワラナデシコ、かわいい花で私も大好きです。先日、処分品の変わり咲きアジサイを買いました。庭に植えたら芽が伸び、花が咲いております。得をした気分です。
 

悪役

 投稿者:toyan  投稿日:2007年 7月 8日(日)20時51分17秒
  悪役トリオがそろい踏み、という感じの写真をアップしました。
怖くない方はトップページから「クモ供養」をご覧ください。
7月になってHUN家とその周辺は、皆さんお元気で、中には不幸にあわれることもあります。
特にアシダカグモさんには、気の毒なことをしました。同じ場所で、ゲジさんとゴキブリジュニアが犠牲になっていました。
HUN家では今後ゴキブリほいほいは置かないようになるかもしれません。むりかな(W

庭には、カワラナデシコが咲いています。別の用事で出かけた島忠で、たたき売りされていたのを買ってしまいました。「秋にも咲く」と書いてあったのが決め手でした。貧乏性ですね。
果樹では、レモンは並作、柿は不作、サルナシは豊作、ミョウガはこれからです。
小事件はあるけれど、穏やかな日常です。
 

てんとう虫

 投稿者:toyan  投稿日:2007年 6月 2日(土)02時39分26秒
  HUN庭は、農薬入らずというか、農薬やらずです。
世に害虫はたくさんいるのでしょうが、害虫と思わなければ敵ではないので、最近一部の毛虫とゴキブリとナメクジと蚊と蠅とチャドクガとスズメバチ、など以外は害虫指定を外されました。KGB(コウガイビル)なんか、いまや大スターですから。
とすれば、益虫もいなくなるんでしょうが、虫媒の主役のミツバチやアブ、アブラムシを食べてくれるてんとう虫は、やっぱり益虫君です。
そのてんとう虫の卵をたくさん見つけたので、「てんとう虫のこと」を作りました。
甲虫は種類によらず、よい感じです。

根っこさん、お久でした。
カワラヒワは、依然菜の花に集まってきています。菜の花は、種を食べられても食べられてもまだなくなりません。油を頂く人間にとっても、餌にする鳥にとってもありがたい植物ですね。
食べ尽くされる前に、種をとったので、来年は「種まきじじい」になって近所の公園辺りを菜の花畑にしようかと思っていたりします。
これって、もしかすると犯罪行為かも知れませんけど。
 

カワラヒワ

 投稿者:根っこ  投稿日:2007年 5月30日(水)08時32分25秒
  カワラヒワかわいいですね!うちも菜の花を植えてみようかしら。来てくれるかな。
アスパラは、採りたてがいちばん!2m越えたのはすごいですね!可憐な花のあとには、たしか、丸い実が緑から赤へ。小鳥が食べに来ます。そして翌年、あちこちからアスパラの芽が(笑)。
東北も初夏になり、木も草も勢い良く伸びてきました。
お身体、どうぞ大事になさってください。
 

環境のことなど

 投稿者:toyan  投稿日:2007年 5月16日(水)00時32分43秒
   連休が終わったあとの5月10日付けで職場が替わり、いずれ大した違いはないのですが、緩んで緩んでやってきたHUNにとってはなかなかの変化でしたから、いま、少し疲れています。夜勤職場は、生活のリズムが違うんです。
 庭の生物を見ていても、環境によって草丈が違ったり、光が当たった途端いきなり蔓を伸ばし始めたりするのに気付き、環境というものをちょっと考えました。
 盆栽は、自然を撓めているようで嫌いだったんですが、植物が逆境を生き延びている姿だと思うと、なんだか応援したくなって、松の仲間で江戸時代から300年も生きている盆栽もあると聞き、それも植物の生き残り戦略ではないかと思ったりするようになりました。人類は、盆栽の一生を見ることなく何代もが死んでゆくわけで、どっちが主人だか分かりませんものね。
 ご近所の「子ども植物園」でナンジャモンジャが花を咲かせています。カメラを持っていなかったので、近日中に撮れればアップしたいと思います。
 翡翠の続報も、取材しようと思っているところです。
 

カワセミ

 投稿者:虫めがね  投稿日:2007年 4月30日(月)22時52分18秒
  翡翠って、難しい漢字ですね、読めなかった。あの表紙のカワセミの写真は、いい写真!カワセミがちゃんとポーズをとってくれているみたいで、よくわかる。カワセミの報告も、興奮が伝わってきて、おかしかったです。うちのユズにもつぼみがいっぱいついていました!今年は柑橘類のあたり年??(なんて ないか)散歩をしていたら、1メートルくらいに伸びたタケノコがあちこちにあって、もったいないなぁ・・・でも、これはやっぱりこの山の人のタケノコだよね・・・と犬と会話をしながら歩きました。あと1回くらい 筍ご飯 食べたいな。  

翡翠

 投稿者:toyan  投稿日:2007年 4月30日(月)00時45分46秒
  「カワセミのこと」をアップしました。
この季節は野鳥観察の適期でして、子育て中でいる場所が決まっていたり、葉っぱが繁る前なので、鳥が見やすいなどというアドバンテージがあり、しかも暖かくて野外活動が苦でない、というようなことからでしょうか。
HUNも先月末以来あちこちに出向いて写真など撮ったりしている次第です。
カワセミ池には、コガモもいたりして、相当鳥が多そうです。また、それを目当てに来る人も結構多かったです。ウイークデイの午後だったのですが。
団塊の世代が、カメラを持ってきていらっしゃるようにも見えました。
とても良いことだと思います。持っているカメラがたいそう立派でその辺はとてもうらやましかったですけど。
 

レンタル掲示板
/10