teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


さようならサムライ勇さん

 投稿者:公園の手品師  投稿日:2011年 1月 8日(土)11時07分54秒
  12月31日、サムライ勇さんが脳梗塞のため死去されました。71歳。映画俳優として時代劇に出演されていましたが、「サムライトリオ」を結成し演芸の世界へ。「サムライいさむ・よしえ」を経て「サムライ勇・朝」として活躍されていました。おかっぱ頭にぎょろ目が印象的でした。1月8、9日通天閣劇場に出演される予定でしたのに。演芸場に来たなという雰囲気を味わうことのできる芸人さんでした。ご冥福をお祈りします。

http://  

 
 

木津川計さんの「一人語り」

 投稿者:公園の手品師  投稿日:2010年12月24日(金)12時40分48秒
編集済
  22日夕方の関西テレビ「アンカー」の特集で「なにわの名物編集者…一人語り劇場の新境地と大阪愛」と題して「無法松の一生」を朗々と語り解説する木津川さんが紹介されていました。「上方芸能」は「上方落語を聞く会」の機関紙として発行されましたが、その創刊号を踏んでいく人がいる。「踏まんでもええやないか、ほかさんでもええやないか」とぼやいていたら、寿司屋の親父さんに「踏まれんものをこしらえんかい」と言われ、そこから木津川さんは奮起されます。その頃、後を継いだ印刷工場は借金まみれでお父さんはそれを苦にして自殺されます。苦しみのどん底から雑誌を立ち上げていかれます。森西編集代表は「あつい人ですね。情熱が冷めない歳を取っても続いている人、枯れない老人」とコメントされていました。大阪に深みのある文化を、含羞(はにかみ)の都市へ、大阪の都市格を取り戻そうと檄をとばされます。71歳から始めた一人語り劇場。「ストーリーを語るだけでなく、それが生み出され人たちが泣いたり感銘を受けた、その時代とはどういうものだったか」を解釈し批評するのが私の一人語り劇場なんです。こういう方法があってもいいのではないかと問題提起しているんです」と75歳になる木津川さんは熱く語られていました。

http://  

 

祝「キダ・タローのほんまにすべて」(CD)

 投稿者:公園の手品師  投稿日:2010年12月21日(火)10時44分37秒
  浪花のモーツァルト キダ・タロー生誕80周年記念盤として発売されました。お馴染みのコマーシャルソング、TV・ラジオのテーマソングの他、坂田利夫「アホの坂田」、正司敏江・玲児「147センチのバラード」「しびれ女のブルース」、笑福亭仁鶴「花の定期便」「大阪は第二の故郷」、藤田まこと「ちびっこの子守唄」、海原さおり・しおり「「好きなら好きやというてんか」の歌も聞くことができます。

http://  

 

祝「ローオン歌謡列伝」(CD)

 投稿者:公園の手品師  投稿日:2010年12月17日(金)21時14分55秒
  これまで「上方芸人歌謡ショー」でローオンレコードに吹き込んだ芸人さんを幾人か紹介してきましたが、これらの音源は中古レコード屋さんを足げく歩いて発掘してきたものです。
おそらく聞かれることなく埋もれてしまっているものが多いと思われますが、この度(株)テレビランドより初CD化されました。協力:澤田隆治さんです。
横山やすし「俺は浪花の漫才師」、フラワーショー「幻のブルース」、京山幸枝若「浪曲河内音頭 会津の小鉄」他、トリオ・ザ・ミミック、正司敏江・玲児、ミスウララ・島ひろし、吉本ひでき、松島一夫、東洋日出丸・東洋朝日丸、芙蓉軒麗花、川上のぼると大阪ヤローズ、若井ぼん・はやと、笑福亭仁智、笑福亭鶴瓶、関敬六さんの歌を聞くことができます。

http://  

 

さようなら正司玲児さん

 投稿者:公園の手品師  投稿日:2010年12月14日(火)19時45分12秒
  どつき漫才で人気を集めた「正司敏江・玲児」の玲児さんが10日、成人T細胞白血病リンパ種のため死去されました。71歳。通天閣下の「TENNGEKI」12月下席の出番表取りは敏江・玲児さん。さぞかし無念であったことでしょう。どついたり、たたいたりする漫才は余り評価しませんが、お二人のお客を笑わそうとする芸人魂には拍手を送るものです。ご冥福をお祈りします。

http://  

 

上方芸人歌謡ショー(25)タイヘイ夢路

 投稿者:公園の手品師  投稿日:2010年11月17日(水)12時00分20秒
編集済
   ―タイヘイ夢路―

浪曲出身の芸人さんの歌いっぷりには、何とも言えぬグルーヴ感があってこぶし回りのくどさしつこさもありますが、ハマルとたまりません。タイヘイトリオ(夢路・糸路・洋児)の夢路さん80才。お元気でしょうか。

A面「浪花春秋」(淡路しのぶ・作詞、石中仁人・作曲、斎藤恒夫・編曲 1984年(昭和59年)日本コロムビアレコード)

1、出来の良くない 弟だけに 見ればふびんが 心にかかる
  芸を助けて おあいを今日も 寄席の花月の ごひいき様に
  すがる両の手 合掌(あわ)せます

   「今が丁度 春團治の出番でございます ええ席も今なら空いてまっせ
    ささ どなたさんにも 弟春團治を案じょうゝ たのんまっせ」

2、五黄の寅だと 勢(きお)って見せる 阿保なこの弟(こ)にゃ 泣かされますわ
  蔭に日向に おあいの苦労 貧乏背負って 姉弟ふたり 春を待つ身の 裏長屋

   「恋も倖せも とうの昔に忘れた でも うちはええのや 女と違うてあんた男や
    好きではいったげいの道・・・諦めたらあかん 自分に負けたらあかん
    よう! 春團治」

3、やっと人並 女房を持たせ ほっとひと息 肩の荷おろす
  今は身を引く おあいの背で 宵の高座の 出囃子だけが
  独り浮かれる 法善寺

B面「芸の虫」(同上)

 他に、「河内音頭夢路節 畷のお竜)
    (唄 タイヘイ夢路、太鼓 初音家幸夫、三味線 高島一恵、囃子 初音家社中
      1972年、昭和47年 クラウンレコード)

http://  

 

シルクさん

 投稿者:公園の手品師  投稿日:2010年11月 5日(金)21時07分9秒
  今日の「徹子の部屋」にシルクさんが登場されました。吉本の『美容番長』と黒柳さんに紹介されていましたが、噂年齢50歳にしてこの美貌。本もベストセラーです。売れてなんぼの芸人世界で喜ばしい限りです。若くして亡くなられたミヤコさんとの「非常階段」の頃の漫才が紹介されましたが、小生にとってはこのことの方が大変懐かしく貴重な映像でありました。

http://  

 

映画「大阪物語」

 投稿者:公園の手品師  投稿日:2010年10月 6日(水)17時09分30秒
  市川準監督の「大阪物語」(1999年)には大阪芸人さんがたくさんでてきます。
ミヤコ蝶々、関口まい、一陽斎蝶一、隼ジュン、町野あかり、夢路いとし・喜味こいし、浜村淳、今いくよ・くるよ、中田カフス・ボタン、坂田利夫、原哲男、チャンバラトリオ、大木ひびき、千原兄弟、トゥナイト、三人奴、笑福亭鶴笑、隼ブラザーズ、COWCOW、林家小染、ザ・ダッシュ、太平かつみ、二葉由紀子・羽田たかお、松本雄吉(維新派主宰)、町田康(作家)。エンドロールから抜き出しましたが、映像的にはわずかなカットなので分りにくい人もいました。後半部分で、バートン・クレーンさんの「ニッポン娘さん」(♪ぽこぽこ子馬…)が歌われていたシーンがありましたが、これは監督の趣味なのでしょうか。この歌は昭和初期のコミックソングなのです。沢田研二と田中裕子が売れない夫婦漫才で出てきます。その子供の池脇千鶴(霜月若菜)には一郎という弟がいる。伝説的な漫才コンビ、ミス・ワカナ、玉松一郎へのオマージュでありましょうか。脚本は犬童一心、漫才台本は本多正識。2008年9月に59歳で亡くなった市川準監督。水彩画のような大阪もんの映画をありがとう。

http://  

 

上方芸人歌謡ショー(24)松島一夫

 投稿者:公園の手品師  投稿日:2010年 9月27日(月)11時55分45秒
   ―松島一夫―

宮川左近ショウのギター担当・松島一夫さんは歌謡曲「会津の小鉄」の作詞でも知られています。真面目に浪曲を唸る左近さんに、おネエきゃらの暁照夫さんがからみ、三枚目の松島さんがぶち壊す。三人の絶妙なコンビネーションが魅力的な華やかな舞台であったと思います。

A面「浪速流転」(竜飛ひさし・作詞 三山 敏・作曲 伊藤雪彦・編曲
         1996年、平成8年 テイチクレコード)

 心斎橋も 縁ない俺が 祈る幸福 水掛不動
 欠けた茶碗で 祝言あげて 肩を寄せ合い 浪速の町を
 春夏秋冬 越えてきた

 ~母ちゃん わいは何のとりえもない、やぼな男や
  苦労かけて かんにんやで~

 心の傷を いたわりながら 勘定長屋の 貧乏世帯
 おまえ頼りの 宗右衛門町よ はでに見えてる 道頓堀さえも
 流れ溜まりの 浮き沈み

 ~なあ、人間まじめに働いてたら 何時か、きっとえゝことあんのや
  母ちゃん がんばろなあ~

 堂島川か 土佐堀川か 毛馬の水門 桜ノ宮へ
 なにも言わずに 手をとり合って 渡る流転の 八百八橋
 春夏秋冬 生きて行く

B面「浪花夫婦」(辻本 茂・作詞 三山 敏・作曲 伊藤雪彦・編曲)

他に
「人生夫婦旅」(松島一夫・作詞 加藤新吾・作曲 吉川 肇・編曲
        1980年、昭和55年 ローオンレコード)

http://  

 

宮川左近さんの命日

 投稿者:公園の手品師  投稿日:2010年 9月21日(火)22時50分6秒
編集済
  今日21日は宮川左近さんが亡くなって24年目の命日にあたります。
結成直後の1年のみはアコーディオンの高島和夫さんが在籍されておりました。
その当時のテーマソングを紹介して左近さんを偲びたいと思います。
放送向けの短縮版はよく聞きますが、これは舞台用の正式な長尺版で歌詞の
一部が異なっております。

♪毎度皆様お馴染みの お聞き下さる一節は 流れも清き宮川の
 水にただよう左近ショウ
 男同志で至って色気はないけれど 色も香りも皆様の
 愛と情のそよ風を 受けて松島ギターとり 暁てらす三味の音に
 乗せて合わせて今日もまた しっかりやりましょう 時間まで
 それでは陽気に務めましょう。
 (テイチクレコード 桃中軒雲右衛門より)

http://  

 

レンタル掲示板
/24