teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


上方芸人歌謡ショー⑯コメディNo.1

 投稿者:公園の手品師  投稿日:2009年 6月19日(金)20時06分18秒
編集済
   ―コメディNo.1(前田五郎・坂田利夫)―

A面「アホの坂田」(竹本浩三・作詞 キダ・タロー・作編曲 1972年テイチクレコード)

 (コーラス)アホ、アホ、アホの坂田…
       アホの坂田、アホの坂田…
1、アホはなおるよ こうすりゃなおる(コーラス)アホの坂田
  かとり線香粉にして そばにふりかけ食ってみろ
(前田)なに?坂田が入院した?
(坂田)先生がなおす薬ない云うねん(コーラス)アホの坂田、アホの坂田…
(坂田)バカニスナーイ

2,3略

4、アホはなおるよ 必ずなおる(コーラス)アホの坂田
  ゆでて冷やして皮むいて 通天閣からつき落とせ
(前田)なに?坂田が生き返った?
(坂田)エンマさんがアホはいらんから帰れ云うねん(コーラス)アホの坂田、アホの坂     田…
(坂田)わしゃこういう男よ


B面「ある恋の詩」(竹本浩三・作詞 キダ・タロー・作編曲)


コメディNo.1の前田五郎(67歳)さんが無期限休養とのこと。中田カウスさんに脅迫文が送られた件で、筆跡が似ていると報道されたため、騒動を避けるための休養だそうです。「上方漫才大賞」など輝かしい受賞もあり、芸歴も充分なのに、どうしちゃったんでしょう。
 
 

<「邦楽さろん」のご案内>

 投稿者:上方文化評論家 福井栄一メール  投稿日:2009年 6月13日(土)01時01分10秒
  少し気が早いのですが、秋の催事のご案内です。
1.催事名:
『邦楽さろん:「地歌で京へおいでやす」』

2.日時:
2009年9月26日(土)午後2時開演(午後1時30分開場)

3.会場:
筝三絃なかにし 2階スタジオ
(兵庫県西宮市甲子園口2-1-29、電話0798-67-1719)
(JR神戸線「甲子園口」駅下車・南口から東へ徒歩1分)
http://www2r.biglobe.ne.jp/~syami

4.プログラム:
(1)地歌の生演奏:
『京名所』・『京の四季』・『鉄輪』(菊聖公一&中萩あす香)
(2)ミニ講演:
『平安京の時空と邦楽』(上方文化評論家 福井栄一)

5.入場料:
お1人様2千円(税込)(先着30名様限定)

6.お申込みなど:
事前のご予約をお願いします。上記の「筝三絃なかにし」までお電話下さい。


宜しくお願いします。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~getsuei99

 

初めまして

 投稿者:40年前は女学生  投稿日:2009年 5月 8日(金)23時04分40秒
  数ヶ月前、伊丹で朗読劇団あめんぼ座さんの「赤い手」を拝見しました。
原作が原作ですのでどうなるのかと思っておりましたら、
私と同年輩と思しき方からお若い方まで、素晴らしい声量と表現力で
書類の羅列でしかない作品を見事に物語として展開し、
声だけで人生の機微を表現しておられました。
また「あらしのよるに」のようなコミカルなものも大変かわいらしく、
大変楽しいひと時を過ごさせて頂きました。
今秋にはこちら様が主催される舞台にもご参加とのこと、大変楽しみに致しております。
あめんぼ座さんは歴史もあるうえに、
お若い方々もしっかりと訓練された美しい立ち居振る舞いとお声で
舞台の上でも凛として清々しく、このような方々が今後の朗読を担っていかれるのかと思うと
娘の成長を見るように楽しみでなりません。
こちらの雑誌であのような若手の方々の特集を組まれることがあれば
是非手に取って拝見したいと思います。
昔、宝塚歌劇の新人公演やバウホール公演で入団間もないタカラジェンヌを
どの方が将来トップになられるかと友人と話し合ったことを思い出しました。
夏の公演もなんとかして行くつもりでおりますし、秋の西宮も本当に楽しみに致しております。
どうぞこれからも、あのような上質な劇団をたくさん育てて下さいますよう。
貴誌のますますのご発展をお祈りしております。
 

『上方学10講』のご案内

 投稿者:上方文化評論家 福井栄一メール  投稿日:2009年 4月22日(水)17時45分48秒
  世界初の上方文化評論家 福井栄一が、デビュー10周年を記念して、
きたる5月16日(土)~17日(日)に、大阪市中央公会堂において、
10回連続講演会『上方学10講』を開催します。
「1テーマあたり1時間」を10回、延べ10時間を1人で語り続ける、
空前絶後の野心的な試みです。
「上方文化の語り部」ならではのユニークな語り口と多彩な内容を
お楽しみ頂けます。

  ご家族、ご友人、ご門弟等、皆さまお誘いあわせのうえで、賑々しく
お運び頂けましたら、幸いに存じます。

                                  記

1.日時:2009年5月16日(土)~17日(日)
(両日とも、11:00~20:50(詳細は下記3.をご参照))

2.会場:大阪市中央公会堂(大会議室)
              (大阪市北区中之島1-1-27  Tel 06-6208-2002)

3.開催時間&内容:
(1)2009年5月16日(土):
①11:00~12:00:『上方文化と私』:
銀行員であった私が、いかなるきっかけで、世界初の上方文化評論家として独立するに到ったかを赤裸々に語ります。

②14:00~15:00:『悲劇の英雄 源義経』:
日本人に愛され続ける、永遠のヒーロー源義経。その激動の生涯を、心うつエピソードの数々を通じて振り返ります。

③15:20~16:20:『奇想天外な仏教説話』:
古典の教科書ではあまり採りあげられない仏教説話集は、珍談や奇譚の宝庫。知られざる日本文学の魅力を開陳!

④18:30~19:30:『美少年しんとく丸と四天王寺』:
四天王寺を舞台にした「しんとく丸」伝説は、説経節・能・文楽・歌舞伎などではおなじみの題材。しかし、残念ながら、一般には高い認知度があるとは言い難いです。そうした現状の打破を企図した講演です。

⑤19:50~20:50:『文藝における蜘蛛』:
嫌われものの代表のように言われる蜘蛛ですが、それにもかかわらず(それゆえに?)文藝作品にしばしば登場し、鮮烈な印象を残します。蜘蛛に注目した異色の文藝史です。

(2)2009年5月17日(日):
①11:00~12:00:『薫りたつ橘』:
時候に相応しい、爽やかな植物談義をお届けします。

②14:00~15:00:『小野小町は舞う』:
これだけ有名でありながら、その生涯がこれほど謎に包まれた人物も珍しいでしょう。
恋多き天才歌人と言われた小町の逸話を軽妙にご紹介します。

③15:20~16:20:『陰陽師 安倍晴明の虚と実』:
史上最強の陰陽師 安倍晴明は、大阪ともゆかりの深い人です。
出生の秘密、驚異的な予知能力など、晴明伝説の虚と実を語ります。

④18:30~19:30:『日本人の心に響く鐘』:
寺院の鐘の音を聴いて、心動かされない日本人は、いないでしょう。
私たちの心象風景に深く染みこんだ梵鐘の文化史!

⑤19:50~20:50:『上方の言霊(ことだま)』:
「ことば」あっての上方文化。「ことば」の蔵するパワーの重要性について、豊富な実例を挙げながら語ります。
                              (なお、開場は、各開演時間の15分前)

4.講師:上方文化評論家 福井栄一

5.受講料:1回あたり お1人様2千円(税込)
               <事前予約不要・各回入れ替え制・当日精算>

6.お問い合わせ:オフィス福井(Tel&Fax 072-723-3746)までどうぞ。


  会場にてお目にかかれますことを楽しみに致して居ります。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~getsuei99

 

第44回上方漫才大賞

 投稿者:公園の手品師  投稿日:2009年 4月21日(火)11時15分41秒
編集済
  大賞=「矢野・兵動」
奨励賞=シンデレラエキスプレス
最優秀新人賞=ジャルジャル
新人賞=ダイアン(他の新人賞候補は「女と男」「銀シャリ」「モンスターエンジン」)
 が、18日の発表会で選ばれました。気になったのは相変わらず頭をたたくコンビが少な
 くないことです。若いコンビによく見られますが不愉快です。また、相手の体型(禿げ
 ている、太っている…他)を取り上げて笑いを取るのも禁じ手です。指導する者がいな
 いのでしょうか。賞を取られた皆さん方のご研さんと精進に期待いたします。
 

続・加東大介

 投稿者:やたけたの熊  投稿日:2009年 3月14日(土)09時38分28秒
  上方芸能171号の「なつか史スタア伝」で、加東大介著「南の島に雪が降る」を知り読みました。
1943年に2度目の召集を受けた加東大介はニューギニアに就きました。米軍は、ニューギニアの日本兵を襲わず、飢え死にさせることにしました。食料船はことごとく撃沈させて、海で魚をとろうとすると艦砲射撃されます。ですから日本兵はジャングルの中でイモを作って、あとは野ネズミなどを取って食料にするしかありません。食料は圧倒的に足りません。毎日毎日、何人もの将兵が栄養失調とマラリアで死んでいきます。3万人以上いた将兵が最終的には7000人しか生きて帰れなかった悲惨な戦場でした。
その中で加東大介がリーダーになって演劇を行いました。劇場もつくりました。掘っ立て小屋ではありません。400人収容の、花道も緞帳もある本格的な”歌舞伎座”です。
3万人の将兵には、本業が大工、画家、デザイナー、歌手、劇作家、浪曲師、三味線弾きなどがいたので、その人たちが「任務」として演劇をやったのでした。みんな死を待つしかない絶望のなかでジャングルの歌舞伎座での観劇だけが救いでした。すさまじい環境下での演劇。加東大介の誠実な人柄が、関係者の心を一つにまとめたのでした。

加東大介の親族には役者がたくさんいます。役者一家です。うまく描けませんが系図のようにすると・・・。

(父)加藤伝太郎:歌舞伎狂言作家。河竹黙阿弥の最後の弟子。
                   ↑
(兄)沢村国太郎・・・(姉)沢村貞子・・・加東大介
   ↓
(国太郎の妻)マキノ智子・・・(長男)長門裕之、(次男)津川雅彦
   ↓
(智子の父)牧野省三 (智子の弟)マキノ雅弘
 

余呉小劇場弥吉

 投稿者:東野昌子メール  投稿日:2009年 3月10日(火)07時34分29秒
  木津川計さま
お元気でご活躍 うれしく思っています
先日の京都新聞で大きく掲載されており 昔を懐かしく思い出しています
私は 田舎絵帰り 「余呉小劇場弥吉」を開設し 楽しくやっています
ぜひ 一度お越しください
ホームページ www.yakichi.com

http://www.yakichi.com

 

役者・加東大介

 投稿者:やたけたの熊  投稿日:2009年 3月 5日(木)22時25分6秒
  上方芸能171号の「なつか史スタア伝」で、元NHKの坂本幸雄さんが、
加東大介のエピソードを書いておられます。
チャキチャキの江戸っ子・加東大介が、みずから申し出て京都人を演じることになった。
稽古初日の朝早くから加東大介がひとりリハーサル室で待機しており、
リハーサルでは台本なしで完璧に京都弁の台詞をマスターしていたと。
読んでわたしは目頭が熱くなりました。
誠実な人柄は、演技にもあらわれます。
「七人の侍」では、志村喬の誠実な家来役を演じました。
時代はさかのぼって昭和12年・山中貞夫監督の「人情紙風船」ではヤクザ役。
誠実なヤクザというのもヘンですが、どこか誠実なのです。
前進座時代ですので市川莚司の名で出ています。
同じ山中貞夫監督作品の「丹下左膳余話・百万両の壺」では、
兄の沢村国太郎が、能天気な大家の婿役で出ています。
姉は沢村貞子と、役者一家ですね。
 

コンテンツ産業の構築を!

 投稿者:公園の手品師  投稿日:2009年 3月 4日(水)21時23分57秒
  上方芸能最新171号で南里見さんが、情報技術の進化によるコンテンツ産業の構築を指摘されています。インターネットでベルリンフィルの演奏がリアルタイムで鑑賞できる時代になったのですね。なんばパークスシネマではニューヨーク・メトロポリタン歌劇場(MET)でのオペラを鑑賞できます。MET現地での豪華なオペラ公演を全世界700ケ所の映画館で上映する「METライブビューイング」(欧米は同時配信)。現在、ドニゼッテイ「ランメルモールのルチア」を6日まで上映中。デジタル機器の進歩は新たな鑑賞機会の拡大を図っていくことでしょう。歌舞伎・能・文楽などインターネットで世界に配信する時代がくれば楽しいですね。  

上方芸人歌謡ショー⑮若井はんじ・けんじ

 投稿者:公園の手品師  投稿日:2009年 2月11日(水)11時28分19秒
編集済
   若井ぼん・はやと、若井小づえ・みどりさんのお師匠さんです。この兄弟コンビのギャグ「頭の先までピーコピーコ」が思い出されます。はんじさんは1976年、42歳で病没。その後けんじさんは上方柳次さんとコンビを組んだり、東大阪市議にもなったりしましたが、1987年交通事故死。52歳でありました。

 ―若井はんじ・けんじ―

 B面「じゅんさい節」(波田野おさみ・作詞 泰 久長・作曲 田中修平・編曲
            テイチクレコード)

 1、オッチャンこのシャツ小さいで 着てたらすぐにのびまっせ
   オッチャンこのシャツ大きいで 洗濯したらちぢみます
   オッチャンこのクツ小さいわ はいてあるけば大きなる
   オッチャンこのクツ大きいで 雨にぬれたらちぢむがな

 3、父さん お世話になりました 花嫁いしょうが きれいだよ
   母さん お世話になりました 丈夫な赤ちゃん生むのだよ
   兄さん お世話になりました うれし涙が出るんだよ
   皆さん お世話になりました すぐに帰ってまいります

 4、お久し振りだよ 山田さん 一体どちらへいかれます
   一寸そこまで 急用で それはけっこうごけっこう
   ところで森さん どちらまで 一寸そこまで 急用で
   それはけっこうごけっこう ごきげんよろしゅう サヨウナラ

 A面「一日恋物語」(波田野おさみ・作詞 泰 久長・作曲 田中修平・編曲)
 

レンタル掲示板
/23